安全なカラーのご紹介

ジアミンの危険性

ヘアカラーの核として染料に入っているPPDA(パラフェニレンジアミン)
この成分を利用することにより、少量の色素で濃く色を出す事ができ、いろいろな色調を簡単に作ることができる、いわばカラー剤そのものです。

 

 

しかし、有毒性であり、アレルギー性皮膚炎や刺激によるかぶれ、湿疹などを引き起こしひどい場合は重いアレルギー反応が起きる可能性があります。

 

 

厚生省時代には皮膚障害を起こす可能性のある成分として義務付けられた旧表示指定成分(現在は全成分表示)に指定されており、劇物にも指定されています。

 

フィンランドでは1991年にPPDAの一般使用を禁止しています。

 

 

 

ジアミンが有害なのはわかっていても「きれいに染まる、早い、安い、便利」ですので今のヘアカラーからジアミンを抜くことは考えられないことでしたが、ニュースになったり、ヘアカラーと皮膚障害の危険性が世間でも注目されるようになり、少しづつジアミンの入っていない商品がでてきています。

 

 

そのような商品は、一般的なカラー剤と比較しますとデメリットは多いですが、少し色持ちが悪くても、色の選択肢が狭くても「安全」を第一に考えられる方にはもってこいではないでしょうか。

 

 

健康志向で身体や環境に負担をかけない生活を望んでいる方が増えているのを実感しますし、オーナーもその一人です。

 

 

しっかりと色味を表現できるものもあれば、そういったものと真逆のものがあっていい時代。
更に言えば、その中間に位置するような商品さえあってもいいのでは、と思っています。

 

 

そのような考えから

  • ヘナ
  • ヘアマニキュア
  • ノンジアミンカラー
  • 漢方カラー
  • 普通のカラー

(優しい順に並べました)

 

以上あらゆるニーズにお応えできるよう取り揃えています。
普通のカラーはどこのサロンでも取り扱っていますので説明は省きます。
尚、二次接触によるアレルギーを防ぐため、使用するカップ、ハケ類は別に用意保管し、洗浄も分けております。

 

~ヘナ~大自然からの贈り物

最も安全に髪を染められるもの、それはヘナです。
ハーブなので、カラー剤という認識でなく、薬草で髪を保護しながらついでに色がつくもの、程度でよろしいと思います。
ヘナは植物の葉っぱを乾燥、粉末にしたもので、天然100%、合成染料を含みません。

 

 

メリットとして

  • 髪が強くなる
  • 紫外線からのダメージを防ぐ
  • 地肌を健やかに保ち、臭いなどもふせぐ
  • 頭皮のデトックス

などです。

 

 

カラーというよりは、スパとかヘッドエステに近いのがお分かりいただけると思います。

 

デメリット

  • 黒髪を明るくする力はありません
  • 髪をオレンジ色に染めることしかできません

 

以上のことから、白髪と黒髪をワントーンにはできません。
匂いがあります。
染色後収れんにより髪がキシむように感じます(1週間ほどで落ち着きます)
カラーとは、比較しないほうがよろしいと思います。

 

 

オレンジ色に発色するので、白髪が少ない方、見える部分には少ない方はヘナ単品で良いかと思いますが、白髪が多めの方や、目立つ部分に密集して生えている方はノンジアミンヘナ(天然100%)を、オレンジ色の上から二度塗りします、二浴染といいます。

 

この方法が、合成染料を使用せずに白毛を濃く染めることができるいちばんの方法であり、ヘナの基本となります。

 

 

アレルギー反応はほぼでませんが100%ではありません。
植物アレルギーとかがあるからです。
地肌や髪を傷めることはありませんが、自然なものだけに即効性はありません。

 

 

「自然な時の流れに身を委ねる」くらいの気持ちで、産地のインドに思いを馳せながらゆったりとお付き合いされるのがよろしいのではないでしょうか。

 

 

ヘナは雑貨流通なので、自然食品屋さんから雑貨屋さん、フリーマーケットからネット通販まで様々な場所で販売されており、目に止まった方もいらっしゃると思います。

 

 

ヘナの産地や加工場は決して裕福とは言えないような場所に多く、経済的理由なのかお国柄なのか理由は分かりませんが、適当な仕事をする人たちが多いのが残念であり、用心せねばなりません。

 

 

早い話が混ぜ物をするのです。
しっかり染まったり、見た目きれいな色の方が売れますので。
なぜこんな話をするかというと、かなり頻繁にあるからです。

 

 

ナチュラルヘナと言っても、染め上がりのオレンジの色味を鮮明に発色する薬品を入れたり、ヘナパウダーをきれいなグリーンに見せる薬品を入れたり、ジアミンを入れて黒く染まるものもあります。

 

こういった事実は仕入れる業者さえも知らないないことが多く、ナチュラルヘナだと思って使用していても実は合成ケミカルが混ざっていた、ということは何度か耳にしました。

 

 

細心の注意を払っていましたが、PITSでも15年ほど前にありました。日本いや私の感覚からするとちょっとありえないのですが。

 

 

私たちはプロとしてお客様の髪を預かる立場ですので、一般市場に出回っているレベルの、もしかしたら混ぜ物があるかもしれない、というようなヘナには絶対に手を出しません。

 

 

確かな製品を仕入れるためには、現地の人間とのコミュニケーションが行き届き、流通ルートがしっかりしていることが必須となります。

 

 

PITSのヘナは私たちと同じ美容師が、年に何度も現地を訪れ、製品になるまでの過程を厳しくチェックしている、国内最高級レベルのオーガニック手選別ヘナを使用しております。

 

手選別ヘナとは、ヘナは葉っぱ自体が染色体のため、まず枝や小石などを取り除き、グラインドした後、筋や雑味など発色しない部分を手作業で丁寧に取り除く作業を何度か繰り返して製品化された商品です。

とても手間暇がかかっており、25年ヘナに携わってる中で最高品質と自負しています。

 

あえて言いますね。
ヘナでのスパタイムを、どうぞお楽しみにいらして下さいませ。

 

ノンジアミンカラー

ノンジアミンカラー、ジアミンアレルギーの方にしてみたら素晴らしい響きだと思いませんか?
カラー剤の核となるパラフェニレンジアミンを省いた、夢のようなカラーがございます。

 

 

ジアミンの危険性でも述べましたが、ジアミンの働きは「きれいに染まる、早い、安い、便利」ですので、ノンジアミンカラーだと「ムラに染まる、遅い、高い、不便」こんなふうに書くと誰もオーダーされませんね。

 

 

デメリットを先に記します。

  • ムラ、大して気になりません(ファッションカラーは全く問題無し)
  • 時間はほんの少し余計にかかるくらいです
  • お値段やや高いです(原価に比例するのですみません)
  • 色落ちがややあります
  • 暗く染めるのは少し苦手ですが、白髪染めにも対応します
  • 色味が少ないです

 

 

メリット

ファッションカラーはクリアな発色がとても素敵で、カラーの最中に頭皮への刺激がかなり少なく、敏感肌の私でも心地よく過ごせたことはとても嬉しかったです。

 

白髪がまだ少なくて敏感肌の方、アレルギーの方、ズバリかなりおすすめです。
髪の傷みはかなり軽減されますので、そういった部分でも嬉しいですね。

 

 

こちらは

  • ヘナの色だとちょっと・・・
  • ヘナよりもう少しはしっかり染めたい
  • アレルギーがあるので心配だ
  • 敏感肌なので心配だ

という方に向いています。

 

漢方カラー

当店一番人気!
小麦粉をベースに合成染料を限界まで少なくし、10種類以上の漢方成分を配合してハリ、コシ、ツヤをだす自然派カラーが漢方カラーです。

 

 

特徴

  • 明るい白髪染めが可能なこと。
  • 通常明るめに色を設定すると、どうしても白髪に色が入りきらず、透けてしまうのですが、漢方カラーは特殊な調合の仕方により、髪にはやさしいのにしっかり染まるといういいとこ取りです。

ご注意:ジアミンは使用していますので、普通のカラーのやさしいバージョンとお考えください。

 

 

  • 白髪の量が目立つ場所に多い方
  • 明るめで白髪染めされたい方
  • ダメージが気になる方

特におすすめいたします。